わたしの今までの物語です 一目でも読んでいただけたら嬉しいです♪
 
私の今までは人間関係がすごく苦手でした
それを意識するようになったのは小学校の頃からで この人間関係の苦手から抜け出すまで

とても辛い体験をしました
   
【人間関係が苦手だった私が変わりたいと思った時までの事】
  
私は高校を卒業してから リハビリ系の専門学校に通い

作業療法士になろうと がんばっていたのですが

人間関係が苦手な私は先生にすら 解らない事を質問する事も 相談する事も出来ず

成績は落ち込むばかりでした
 
そんな状態だから3年次へ進む評価実習で とうとう不合格になり
なんと一年留年することになりました
 
その不合格になった帰り 

もう作業療法士になるのはあきらめよう 私になんかにはムリなんだ
 
先生と関わるのも患者さんと話すのも怖いと電車で泣きじゃくりながら帰りました
周りからも驚かれるほど 知らない人に心配されるほどの状態で
家に帰ったのを覚えています
   
それなのに 結局 家族になだめられ 辞める勇気すら持てず
そのまま専門学校へ通い 卒業するための研修へ行く事になり
初めて学校以外の社会へ足を踏み入れました
 
その時の研修でも 人間関係が苦手な私は
同じ仲間とだって話すだけでも緊張するし怖いし
患者さんに一歩踏み込んで関わるなんて考えられない恐怖でした
 
それにいつも心の中で 先輩方から いつ注意されるんだろう…
いつ怒られるんだろう… いつクビになるんだろう…
と勝手に怯えていました
  
だけどそんな私を先輩方は注意する事も怒る事もなく 
優しく見守ってくれ 段々と仕事や雰囲気にも慣れていきました

そうやって優しく見守ってくれた先輩のおかけで
患者さんと少しずつ関わるようになれ
いつの間にか私の中に「目の前にいる人はどんな人なのか知りたい」
という想いが初めて芽生えました
 
その後、無事に専門学校を卒業しようやく作業療法士として晴れて社会人となりましたが

ほんの少しだけ 人間関係に明るい兆しを見せた研修があったからといって
私という人間が大きく変わる事は無く、人間関係は相変わらず苦手なまま仕事へ着きました
 

そんな私に待っていた社会の現実は人生最悪の不幸のオンパレードの始まりでした
 
就職すると周りに陰口を言われはじめ 時には真正面で悪口をいわれる始末
そのうち根も葉もないうわさを流される日々…
 
もうどうしようもなくて 一人ではどうして良いかわからなくて
 
悩みを会社に相談しようと考えました
 
だけど会社にも理解してもらえず 私はどんどん周りの目が怖くて
下を向いたまま過ごすようになりました
 
あの時を振り返ると いつもすごく悔しくて いつもとても悲しかった
   
私はただ ただ 人間関係が苦手なだけなのに… 
 
そんな自分が嫌いになっていき いつの間にか自分が悪いんだ… 

ダメな人間なんだ… と自分を責めるようになっていました
  

就職してからずっと そんな風にしていた時期が何年も続きました
 
だけど仕事をするには周りに認められないといけない
周りに認めてもらえないと生きてる価値なんてないんだ!って休みを返上して勉強しました
 
それでも 何か変わる事はなく

もうもうもうもう!!!本当にどうにかしたい!!


こんな状態いつまで続くんだ―――――!! なんとか変わりた―――い!!!
と ある時ココロのどこかで声がしたんです

 

そう私は変わりたいと思ったのです!!!

 


-----------------------------------------------------------------------

【人間関係が苦手だから上手くいかなかったわけじゃなかったと気づいた】

 


そんなわたしがココロの転機を向かえたのは異動して約一年後、
アロマヒーリングが始まったのと同じ2011年でした

 

この年は心理学やヨガを学んだりと様々なチャレンジや変化があった年でした

 

プライベートで始めたダイビングをきっかけに、仕事以外のことを学ぶ楽しさを知りました

 

が、何よりココロの底ではこう思っていました

 

「わたしってなんて価値がないんだろう」

 

わたしは 目の前の出来事の中で問題ばかりみて

自分や周りのことをココロの中で責め倒していました

 

だけど本当は違うのだと気付いたんです

 

自分のあらゆる可能性を否定して 人間関係のせいにしていたら

どんどん自分のココロがぐちゃぐちゃになっていただけだった、と

 

わたしは心理学を学び、ひとは言葉かけ一つ、質問ひとつ、

感じ方ひとつで、だれでも変わる可能性があるんだと知りました

 

ヨガを始めようと思ったきっかけは 就職してから床につま先がつまずいて

私自身が転びそうになることが増えたからでした

(患者さんに指導する立場としては痛いことです…)

 

まずは自分の身体のケアから始めよう リハビリの仕事にもきっと役に立つし!と思い、

シニアヨガのインストラクターの資格も取りました

 

仕事の中でもヨガの要素を取り入れながら 患者さんと関わることも増えました

 

セルフケアにヨガを取り入れると 以前は月1~2回通っていたマッサージに行く頻度も

3か月に1回程度に減らすことができました

 

このときわたしは 病気になる前に 歩けなくなる前に 

転ぶことが増える前に自分で予防する方法を知っていれば 

きっといつまでも身体が元気でいられるんじゃないかと思っていました

 

定期的にココロとカラダをメンテナンスする大切さを知りました

 

 

【自分に自信がないから、上手くいかなかったと気付いた】

 

この頃から ふつふつと心身の予防分野に興味が出てきましたが

自分に出来る自信はありませんでした

 

働いている職場で働くので精一杯 なにより職場のスタッフに自分の意見を伝えて

反対の意見を言われて否定されるのが怖かった

 

心理学を学んで「誰でも変わる可能性がある」と思いながらも

なかなか自分に自信が持てずにいました

 

そんなわたしは公私ともにコミュニケーションにつまずきました

 

それは旦那さんと付き合いだしてからも同じでした

 

旦那さんとデートをしている中で

「おなかが痛くてつらい」ことさえも 伝えられない時がありました

 

このころのわたしは 相手に気を遣わせるなんてよくない

 

自分が相手とどうありたいのかという 自分の気持ちよりも無意識に

相手の気持ちを尊重する事が大切だと思っていました

 

そんな時期もありましたが 付き合う年数を重ねていく中で

旦那さんは 自分の意見もわたしに伝えるけれど わたしの意見も聞いてくれて尊重してくれました

 

 

旦那さんにはいつの間にか つらい事も嬉しい事も いろんなことが話せるようになりました

 

【アロマヒーリングとの出会い】

 

そんな旦那さんとの結婚生活 ちょっとしたストレスもありました

 

お皿を洗うとき、わたしはお湯にひたしてから洗いたいのに 

旦那さんは何もせずにお皿を置きっぱなし

 

洋服を洗濯機に入れるとき、わたしは網に入れてから洗濯をしたいのに

旦那さんはそのまま洋服を入れていたり

 

ちょっと価値観が違うだけなのに 無性にイライラしていました

 

この頃は仕事から帰った後に怒鳴りながら 夜ご飯の準備をしていたときもありました

 

そして気が付いたら 自分が何にイライラしたのか忘れて 日々が過ぎていました

 

ちょうどそんな時に出会ったのが「アロマヒーリング」 わたしが結婚して1年が過ぎた頃でした

 

結婚するまで、わたしの人生の優先順位の第一位は仕事でした

 

だけど、結婚してから、家庭が一番になっていました

 

旦那さんとの時間がもっと欲しい 手作りの料理を一緒に食べたい

今後子どもも欲しいけれど いまのペースで仕事していけるのか不安

子どもが生まれたら、子供と過ごす時間だって大切にしたい

 

だけど実際は思ったようにはいかず そして家事と仕事で自分の時間すらとれなくて 

苛立ちと焦りを感じていました

 

仕事はどうする? 家庭はどうしたい? わたしはどうしたいの? 

これからの人生どう生きようか‥??

 

自分のこれからに疑問がいっぱい 模索していた時期でした

 

最初は「アロマは認知症に効果がある」という記事をみて

アロマをリハビリに生かしたいと思い リハビリアロマの勉強会に参加しました

 

そのうちにだんだんと 

「アロマって患者さんにも必要だけど、その前に自分に必要じゃない?」と考えるようになりました

 

同じ作業療法士で アロマを自分の生活に取り入れながら、

とてもキラキラとしてお仕事している方をみつけて セラピスト講座を受講することにしました

 

 

【自分の思いに気付いたきっかけはセラピスト講座でした】

 

アロマヒーリングのセラピスト講座を受講して 一番今まで気づかなかったことに気づけました

 

それは 「自分の中にある想いがストレスでみえなくなっていた事」でした

 

自分で思っているよりもかなり 日々に追われていることがわかりました

 

その時の状況と 理想だと思っている仕事の仕方や家庭のイメージ 

時間の使い方が全然違っていました

 

 

 

【アロマヒーリングと出会ってからの変化】

 

セラピスト講座受講後 まず働き方を変えました

 

セラピーを続けていく中で 段々と物事を前向きに考えられるようになりました

少しずつ自分に自信が持てるようになりました

 

すると、関わる人は変わっていないのに 人間関係が変わりました

 

気づいたら自分が心地よいなと感じる雰囲気に変わっていて すごくビックリしました!!

 

そして アロマヒーリングを続けていく中で

 

旦那さんとも 結婚する前よりお互いに思い合いながら

何もせずとも2人でいられる そんな時間が幸せだと感じられるようになりました

 

旦那さんと助け合いながら 家事をしたりできるようになり 心の余裕も増えました

 

すると 相手の意見や考えを尊重したうえで 仕事もプライベートでも 

自分の意見を伝えられるようになりました

 

 

そして遅刻してしまって乗れないと思った新幹線に 何故か間に合って乗れたり

足りないなぁと思っていた分の臨時収入が入ったり ラッキーな出来事が増えました✨

 

そして望みでもあった家族と過ごす時間が増えて 母から料理を習ったりすることができたり

旦那さんと休日に一緒にいることが増えたりと アロマヒーリングを続ける中で

わたしのしあわせ時間が増えました💗

 

自己セラピーを続けながら 相談して歩んでいけるセラピストを見つけ、

定期的にセラピーを受けると 自分では気づかないクセや考え方など

新たな気付きとなり 更にパワフルに過ごせるんだなぁ!と日々実感しています

 

 

【アロマヒーリングで家族との絆も深まる】

 

わたしは今、家族にもセラピーをしています

 

一緒に住んでいる旦那さんは 自己セラピーやセラピーをしていく内に

自分が嫌だと思っていることや理想がみえてきたこともあり 心が穏やかなことが増えました

 

ある日旦那さんが「脳に栄養が足りないみたい」と話し、アロマヒーリングの自己セラピーを始めた時にはびっくりしました(笑)

 

(夢を叶えるアロ魔術アロマヒーリング®でアロマを嗅ぐということは≪アロマをサプリメントのように脳の栄養として取り入れる≫という脳科学的栄養学の考え方が元になっています)

 

それから自己セラピーや私とのセラピーを続けていく内に

希望の部署に異動が決まったり やってみたいと思っていた趣味を始めたりと

自分のしたいことを見つけてどんどん行動しています

 

今までは休日も休めないことが多かったそうですが 今は仕事も休日もメリハリができて

とてもイキイキと過ごしています (夫婦2人の時間も大切にしてくれています)

 

改めてアロマヒーリングのセラピーを家族にするたびに 家族の絆が深まっているのを感じます

 

そしてなによりストレス社会の今 老若男女問わず アロマヒーリングは生きていく上で

心と身体が健康に過ごせる&イキイキ生きていける方法のひとつなんだなぁとしみじみ感じます✨

 

 

【自分が好きなことを仕事にしていく人生へ】

 

いま、夫婦二人でプライベートや仕事も含め 夢に向かって邁進中です✨

 

わたしも 『アロマヒーリングをお仕事にしていきたい』と 

新しいチャレンジを始めようと決めました

 

好きなことをするように、楽しく仕事がしたい ただ楽しいだけじゃなくて

相手の人の人生が良くなっていって お互いに磨かれていくような

そんなお仕事だと思っています

 

そして日々をパワフルにイキイキと そんな風に夢を一緒に叶えていくひとたちと

共に過ごしていきたいと思っています!!

 

長文お読みいただき、ありがとうございます♡これからも仲良くしていただけると嬉しいです☘

2018© Oubaitouri Beautiful